EM資料ダウンロード

disaster.pdf
PDFファイル 224.2 KB
Haiti.pdf
PDFファイル 662.4 KB
Poland.pdf
PDFファイル 453.0 KB
engai.pdf
PDFファイル 511.5 KB

EM?

● EM™の活用で腐敗をおこさない


一般的に、悪臭や水質汚染など環境悪化の原因の多くは、腐敗 (酸化) 型の微生物が関係しています。

 

この対策として、従来は消毒・殺菌・物理的な除去等が行われていますが、腐敗する前に有用な微生物を定着させる事で、問題解決する事をEM™は可能とします。この手法は、腐敗をおこさないばかりでなく、原因物質を資源化することができます。


結果として、EM™の活用により、生ゴミは家畜のエサや肥料へ、排水汚泥は上質の堆肥へ、そして家庭排水はプランクトンのエサとなって様々なシーンで資源が循環し、生態系も回復へと向かいます。


腐敗か発酵か、根元の方向性を変える力を持ったEM™は、従来とまったく違ったロジックで問題を解決することが可能です。

 

● EMの力

EMは光合成細菌、酵母、乳酸菌などの有用微生物によって構成されております。


微生物というと恐ろしいバイキンのイメージがありますがEMに利用されている微生物は人間や動物、植物に害を与える悪玉菌(食中毒の原因ブドウ状球菌や老化の原因ウェルッシュ菌などの有害微生物)や遺伝子組替技術によって作出された微生物は一切使用致しておりません。


EMは古来より先人たちが生活の中で意識的、又は無意識に利用してきた微生物のみで構成されています。


EMは悪玉菌などの有害微生物 (毒素を生成する微生物) を抑制しEMを核にして良い微生物を呼び集め活性化させる力を持っています。


そして人間や動物植物に有益な抗酸化物質や抗生物質、さらに可溶性栄養物質 (ミネラル含む) を24時間休みなく作ってくれます。


一度良い微生物達の力が結集し善循環し始めれば放っておいても良い方向に行きます。しかし善循環し始めるまでが大変です。ある時は1回のEMを投入するだけで善循環しますが、別の場合は100回EMを投入しても善循環しないこともあります。


EMの力を最大限引き出すポイントは善循環が始まるまで何回でもEMを使うということです。
「重いボールが1度動き出せばなかなか停めることが出来ない」のと同じです。

● EMを構成する菌群